やる気を引き出すための「叱り方」「褒め方」

言葉はとても難しいものです。言い方一つで気持ちがうまく伝わらなかったり、逆の意味に伝わってしまうこともあります。中でも「叱り方」と「褒め方」はとても難しいです。しかし、ポイントをしっかりおさえていれば、やる気を引き出す「叱り方」、「褒め方」をすることが出来ます。まず正しい叱り方は、叱るタイミングと場所を見極めるのが大切。絶対に大勢の前で叱らないこと。大勢の前で叱ると、相手のモチベーションを下げる原因にもなります。つぎに感情的にならないこと。「叱る」と「怒る」は異なります。そして、叱った後は必ずフォローすること。叱りっぱなしはいけません。叱った後は必ずフォローするようにしましょう。つぎに「褒め方」。褒める場合は人格ではなく、努力や過程を褒めること。その人の能力ではなくその努力の過程を褒めることが重要です。また、「おだてる」「お世辞を言う」のではなく、「褒める」ことが重要。素直な気持ちを伝えましょう。うまく叱って、うまく褒めることが出来たら、仕事の作業効率もアップします。あなたの職場にも生かしてみてください。

コメントは受け付けていません。

SL広場

東京・JR新橋駅の西側にある「SL広場」やニュー新橋ビルを含む一帯を再開発し、複数の超高層ビルを建てる計画が動いている。SL広場といえば待ち合わせや、街頭インタビューなどが行われる名所だ。展示されているSLはC11 292号。昭和20年2月11日に誕生し、山陽本線の姫路機関区で配属され、中国地方のローカル線、播但線や姫新線などを走り回っていた。国鉄の協力の下、鉄道100年を記念して昭和47年10月14日に設置された。

今回の再開発で計画されているのは新橋駅から隣接し、南北約400メートルに広がる約3ヘクタールの範囲。ニュー新橋ビルが老朽化したため、周辺の店舗や区の施設も一体で再開発する案が立ち上がった。現段階の計画では、30階建てのビルを2棟建て、店舗やオフィス、住居にする予定だという。なおSL広場は何らかの形で残す方針だという。

コメントは受け付けていません。

痩せたいのに食べてしまうのはなぜ?

痩せたいのにたべてしまうのはなぜなのだろうか。

近年、いろいろなダイエット方法を耳にする世の中。

痩せたいけど、食欲や欲求に負けて食べてしまうのはなぜなのだろうか。

ふと疑問に思い、調べてみた。

まず、食欲には「感覚的な欲求」と「生理的な欲求」がある。

感覚的な欲求は、テレビなどで美味しそうなものを見たときにおこるもの。

そして、もう一つの「生理的な欲求」は満腹感の有無に密接に関係していて

満腹感を感じることができないと我慢することができない。

痩せたいのに、食べてしまうことを防ぐには、

食べ物を見える範囲に置かない。

生活習慣を正し、規則正しい生活を送り、セロトニンの分泌を増やすことが大切である。

できる範囲で改善し、心がけよう。

 

 

コメントは受け付けていません。

昭和一桁

昭和一桁台に生まれた人が今いくつなのか、急に気になった。

昭和9年 1934年 戌 80歳
昭和8年 1933年 酉 81歳
昭和7年 1932年 申 82歳
昭和6年 1931年 未 83歳
昭和5年 1930年 午 84歳
昭和4年 1929年 巳 85歳
昭和3年 1928年 辰 86歳
昭和2年 1927年 卯 87歳
昭和元年 1926年 寅 88歳

だそうだ。昭和9年生まれの方がちょうど、80歳になったところなのか。

 

コメントは受け付けていません。

北欧神話の特徴

神話は主にキリスト教化以前に存在した現地の宗教と、主にノルウェー人が入植、定住し、北欧神話の文書化された典拠の大多数が収集されるに至ったアイスランドを含むスカンディナヴィア人の伝説と信仰で構成されている。

北欧以外のゲルマン人は、早くからキリスト教化されたため、民族独自の神話や思想を示す書物がほとんど残っていない。そのため北欧神話は、年代の古い一般的なゲルマン・ペイガニズムが最も良い状態で保存されており、ゲルマン人の古来の習俗や精神を理解する上で貴重な資料となっている。このゲルマン・ペイガニズムは、アングロ・サクソン神話と極めて密接に関連した内容を含んでいる。なお、ゲルマン神話は初期のインド・ヨーロッパ神話から発展したものである。

コメントは受け付けていません。

リビア

各言語の国名に共通する Libya は、古代ギリシアで北アフリカの地中海沿岸地域(エジプトより西)をまとめて Libya と呼んでいたことに由来する。さらにこの語は、アフリカ大陸全体を指す場合もあったが、現在この意味では使用されていない。

その後、現在のリビアの領域はイフリキアと呼ばれ、北西部が首都トリポリ(アラビア語名:タラーブルス)の名をとってトリポリタニア(タラーブルス)、北東部がバルカ(太古の時代からの呼称、キュレナイカとも呼ばれた)、南部内陸部がフェッザーンなどの地域からなっており、16世紀にこの地を併合したオスマン帝国はこの地域全体を西タラーブルス州としていたが、1911年にイタリア王国がオスマン帝国からこの地を奪った際に、古名を復活させリビアとした。

コメントは受け付けていません。

嘉手納飛行場

在日アメリカ空軍(第5空軍)の管轄下にある。嘉手納空軍基地(かでなくうぐんきち、Kadena Air Base=米軍内での正式な呼称)、アメリカ空軍嘉手納基地(アメリカくうぐんかでなきち)、あるいは単に嘉手納基地(かでなきち)と呼ばれることが多いが、日本の公的資料では「嘉手納飛行場」と呼称されている。

総面積は約19.95km²。3,700mの滑走路2本を有し、200機近くの軍用機が常駐する極東最大の空軍基地である。また、在日空軍最大の基地である。滑走路においては成田国際空港(4,000mと2,500mの2本)や関西国際空港(3,500mと4,000mの2本)と遜色なく、日本最大級の飛行場の一つということになる。面積においても、日本最大の空港である東京国際空港(羽田空港)の約2倍である。かつてはスペースシャトルの緊急着陸地に指定されていた。

コメントは受け付けていません。

ニコラテスラ

1887年4月、独立したテスラは、Tesla Electric Light Company(テスラ電灯社)を設立し、独自に交流電流による電力事業を推進。同年10月には交流電源の特許を受諾されている。

1888年5月16日、アメリカ電子工学学会でデモンストレーションを行い、それに感銘を受けたジョージ・ウェスティングハウスから100万ドルの研究費と、特許の使用料を提供されることとなった(契約には、特許の将来買取権が含まれていた)。

コメントは受け付けていません。

アメデエ・オザンファン

アメデエ・オザンファン(Amédée Ozenfant; 1886年4月15日 – 1966年5月4日)は、フランスの画家、特に、ピュリスムの画家。

絵画を学び、後にパリに出る。パリでは建築と絵画を学び、キュビスムの影響を受ける。1915年に「L’Elan」(飛翔、または、突撃)という雑誌を創刊し、1917年まで編集に携わる。この間、ピュリスムの理論が形成されていくことになる。

1917年に出会ったシャルル=エデュアール・ジャンヌレとともに、1918年に『キュビスム以降』(Après le cubisme)を著し、ピュリスムを主張した。その後、やはりジャンヌレとともに雑誌「レスプリ・ヌーヴォー(エスプリ・ヌーヴォー。新しい精神)」(L’Esprit Nouveau, 1920年から1925年)を刊行し、また、1925年には、やはりジャンヌレと『近代絵画』(La Peinture moderne)も著している。

1930年ごろからは、教育者としての活動にも重点を置き、学校の設立も含めて、パリ、ロンドン、ニューヨークなどで、絵画教育に注力した。

コメントは受け付けていません。

ジェームズ・ジーンズ

ケンブリッジ出身で1904年からアメリカのプリンストン大学の応用数学教授、1910年から1912年までケンブリッジ大学教授、黒体輻射に関する研究などを行う。その後研究の中心は天文学に移る。1923年から1944年までカリフォルニアのウィルソン山天文台などで研究する。1928年にナイトになる。引退後一般向け科学書を執筆した。

1905年黒体輻射の波長分布に関するレイリー・ジーンズの法則を発表した。

天文学の分野では星間ガスが重力不安定によって収縮することに関する臨界的な値、ジーンズ波長、ジーンズ質量に名前を残している。

惑星の起源に関する潮汐説を唱えた一人である。なお、彼の功績を称えて、小惑星(2763)ジーンズが彼の名を取り命名されている。

コメントは受け付けていません。