マック赤字347億円、過去最大に

日本マクドナルドホールディングスが2月9日に発表した2015年12月期通期の連結決算によりますと、減損損失や店舗閉店などに伴う特別損失72億円を計上したことなどによって、最終損益が347億400万円の赤字となりました。
2001年の株式上場以来、過去最大の赤字額に上ります。
売上高は、前年同期比14.8%減の1894億7300万円。
営業利益は252億3300万円の赤字となりました。経常利益は276億9100万円の赤字。
2015年1月に発覚した商品への異物混入問題の影響が売り上げに尾を引き、昨年の12月まで32カ月連続で客数が前年割れするなど、深刻な業績不振が続いていました。
消費者の信頼回復やビジネス回復に向け、新メニューの導入、店舗の改装、閉鎖を進めるなどのビジネスリカバリープランを打ち出したものの、まだ道半ばといった状況です。
2016年12月期通期の業績予想は、営業利益33億円、当期純利益10億円と黒字転換を目指します。

夜行バスを抜き打ちで一斉監査

長野県軽井沢町のスキーバス転落事故を受けて、国土交通省は21日夜、東京・新宿のバスターミナル近くで貸し切りバスの一斉監査を行ったそうだ。
国交省関東運輸局の監査官約20人は同日午後9時半から、東京都庁近くの路上でスキーツアーなどに出発する前の夜行バス6台を抜き打ちで監査。5人ずつ車内に乗り込んで、詳細なルートが書かれた運行指示書があるかや、交代運転手がいるかなどを調べた。警視庁の警察官もバスを止め、運転手の免許証を確認したとのこと。
このところ立て続けに起きている高速バスの事故。こうした監査によって体制が見直され、無理なスケジュールでの運行や運転手への指示がきちんと行われているかなどが改善されればいいのだが。

米Amazon、映画でオスカー狙う

インターネット通販の大手Amazon.comが、年間16本の自主映画の製作計画を発表した。ライバルの米動画配信サービス大手Netflixは、アフリカ内戦を描いたドラマ映画「ビースト・オブ・ノミネーション」が来年のアカデミー賞候補となる可能性を指摘される。
Amazonの最高経営責任者のジェフ・ベソス氏は、「われわれはオスカーを受賞したい」と語ったそうだ。
プライム会員向けに動画配信サービスを開始したAmazon。動画コンテンツ向上に多額の投資を行い、ネNetflixのように、テレビ・映画両分野で自主制作を行っており、今年はコメディー番組の「トランスペアレント」がエミー賞5冠に輝いたという。
自主映画は、劇場公開後すぐにオンラインサービスでの視聴を予定している。
一方Netflixは来年自主映画を10本公開し、テレビシリーズも今年の約2倍の31本の製作を計画している。
ベゾス氏は、ドイツ・ブンデスリーガ、イングランド・プレミアリーグといった世界各地のサッカー選手権を再放送する権利をとることも検討していると述べたという。
日本ではお坊さんの配達サービスが話題となっているAmazon。今後はどんなサービスを展開していくのだろうか。

関ジャニ冠番組、元日に初全国

フジテレビで放送されている人気グループの関ジャニ∞のバラエティー番組である、「関ジャニ∞クロニクル」が、正月特番として、「関ジャニ∞クロニクル いきなり正月でSP」として初めて全国放送されることが12月8日、分かりました。
関ジャニ∞の冠番組が年始に放送されるのも初めてのことです。
ロケやスポーツに挑む同番組は、今年5月から放送がスタートしました。
正月特番では先輩グループのTOKIOの長瀬智也をゲストに迎えて、ボールをぶつけられると過酷な罰ゲームを実行しなければならないドッジーボール対決「いきなりドッジ」などの企画があり視聴者を楽しませてくれそうです。

1時間以内に配送、Amazon開始

通販大手アマゾンジャパンは19日、注文から1時間以内に商品を届けるサービス「プライムナウ」を開始した。有料会員限定で、対象地域は東京都心の世田谷、目黒、大田、品川、渋谷、港、杉並、新宿の8区内。注文は1回あたり2500円以上で、配送料が税込み890円かかる。
対象は食品や日用品、家電など約1万8千点で、冷蔵・冷凍品も初めて扱う。スマホの専用アプリで注文すると、東京等々力に新設した拠点から提携業者がバイクなどで商品を運ぶ。その位置をGPS機能で追うこともできる。配送時間は午前6時から深夜1時まで。1時間以内に届かない場合は、配送料を返金する。2時間単位で配達時間を選べるサービスも同日、無料で始まった。
プライムナウの導入はアメリカ、イギリス、イタリアに続いて4カ国目。アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は「なるべく早く日本全国に広げたい」と語った。
ライバルの楽天も8月、最短で20分、平均1時間で商品を届ける「楽びん!」サービスを始めている。日用品など急ぎで必要な時には便利そうだ。

「櫻井翔、縁結び神社説」浮上

櫻井翔と共演した女優がつぎつぎ結婚していく・・・。
10月8日、女優の北川景子さんと歌手でタレントのDAIGOさんが来年の1月に結婚するとメディアが報じました。
ここ最近、ジャニーズの人気グループ、嵐の櫻井翔さんと共演し、交際もウワサされた女優がつぎつぎと結婚を発表していることからTwitterでは、「櫻井縁結び神社説」が浮上しているといいます。
「特上カバチ!!」で共演した堀北真希さん、「よい子の味方 新米保育士物語」「山田太郎ものがたり」「神戸新聞の7日間」で共演した吹石一恵さんが立て続けに電撃婚を発表。
そして今回は「謎解きはディナーのあとで」で共演した北川景子さんの結婚が報じられました。
また、報道番組の「NEWS ZERO」で共演したタレントの小林麻央さん、元アナウンサーの山岸舞彩さんも結婚を発表していて、いよいよ「櫻井縁結び神社説」が濃厚なものになっています・・・。
Twitter上ではどんな方法で縁を結んでいるのか疑問を持つ声、共演者の縁を結ぶ一方自身は独身のままの櫻井さんを心配する声などがあがっています。
次は誰が縁結び神社の恩恵を受けることになるのか、見ものです。

「能」救う?iPadで公演開設

日本の伝統芸能である「能楽」。歌舞伎や人形浄瑠璃などと共に、ユネスコの無形文化財に選ばれるなど世界に誇れる日本の文化ではあるものの、見たことがない人も多いのではないだろうか。
実際、能楽の鑑賞者は”高齢化”が進んでおり、固定客が大半を占める状況だという。確かに能楽の大半は古語、古典の世界である上専門用語も多いため、普通の人にとって分かりにくくとっつきづらい点がある。しかし近い将来、このような問題がITの力で解決されるかもしれないとのこと。
9月4日、東京・神楽坂にある「矢来能楽堂」でタブレット導入の実証実験が行われた。その内容は、iPadを観客に配布し、画面を見ながら公演を鑑賞してもらうというものだ。シーンに合わせて解説を配信するシステムで、より内容が分かりやすい新たな鑑賞スタイルを目指すという。
今後は実験で得られたフィードバックをもとに、本格的な導入を検討していくという。英語や中国語と言った多言語での提供も可能なため、増え続ける外国人観光客に鑑賞してもらえるチャンスも生まれる。
能楽だけではなく、歌舞伎の世界でもイヤフォンガイドを用いた解説を行うなど、伝統芸能の魅力をもっと多くの人に知ってもらおうと、新たなチャレンジをするケースは増えている。2020年の東京オリンピックに向け、外国人観光客にどうやって日本文化を発信していくか。能のお供にタブレットという新たな鑑賞スタイルがその切り札となってくれるかもしれない。

佐藤寿人、12年連続2ケタ得点

サンフレッチェ広島に所属しているFWの佐藤寿人が、12年連続での2ケタの得点を達成した。
サンフレッチェ広島は、2015年明治安田生命J1リーグ・セカンドステージの第5節で、ヴィッセル神戸と対戦した。
先発出場をした佐藤寿人は、24分佐々木翔からの折り返しを頭で押し込み、見事今季10点目を記録した。
2000年のプロデビューから、16年目で偉業達成となった。
佐藤は、セカンドステージ第1節のべガルタ仙台戦にて、2ゴールを決めており、今季9得点目を獲得し、12年連続2ケタ得点に王手をかけていた。
J1では7年連続で2ケタ得点を達成している佐藤寿人。その記録は、J1最長記録に並んでいる。

ウィキペディアで深刻な「一次資料」汚染

ネットで調べ物をする時欠かせないものとなってきたフリーの百科事典「ウィキペディア」。最近はネットで固有名詞を調べようとすると、まず検索上位にウィキペディアの項目が出てくる。無料なのに広告もなく、素晴らしいサービスだ。
ただ、ウィキペディアの記事はボランティアの執筆者によって書かれている。執筆者のほとんどは研究者でもない普通の人なので、自ずと記事のクオリティには差が出るし、間に第三者も介していないので執筆者の主観がそのまま反映される。そして、記事の正確性を担保、あるいは検証を可能とするための出典資料についてもいろいろと問題のあるものが見られる。
たとえば、「時雨(白露型駆逐艦)」の記事をウィキペディアで読もうとすると、2015年6月25日の時点で脚注が468も付いている。しかしほとんどの出典が戦闘詳報あるいは戦時日誌で、これらは一次資料(史料)なのだ。
一次資料というと現実に起きた事象に限りなく近い、正確性の高いもののように感じられる人も多いかもしれない。しかし、ウィキペディアでは一次資料に基づく記事の執筆を推奨していないのだ。ウィキペディアの日本語版のガイドラインでは「一般に、ウィキペディアの記事な一次資料に基づくべきではなく、むしろ一次資料となる題材を注意深く扱った、信頼できる二次資料に頼るべきです。ウィキペディアの記事で一次資料を使ってよいのは、信頼できる出版元から公刊されている場合だけです。」と記されている。
要するに、一次資料は研究者により検証、整理されていないため、それらを経た二次資料をウィキペディアでは典拠とするべき、ということだ。このようなウィキペディアの方針にもかかわらず、一次資料ばかりを出展した記事が多いのは、一次資料は正確性の高い資料だと言うイメージ、思い込みが執筆者にあるのではないだろうか。
実際、一次資料の中にも誤った記述があることは往々にしてあるそうだ。また戦闘詳報などの軍部内での報告、記録はまだ正確性があるが、問題は意図的に偏向が存在する一次資料を出している記事だ。
難しいのは二次資料を使った場合でも、その著者が偏向的思想の持ち主だったり、執筆者が恣意的に引用した場合だ。それらを是正にするためにウィキペディアでは誰でも編集可能で、どんな編集が行われたか分かるようになっているが、そういう論争になりそうなのは得てして「編集合戦」になりがちだ。
結局のところ、受け取り手が情報を鵜呑みにせず正確な情報かどうかを判断する力が必要となってくるのだろう。

渡辺謙 トニー賞主演男優賞受賞ならず

アメリカの演劇界最高の栄誉「第69回トニー賞」の授賞式が7日夜、ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開かれた。
ミュージカル「王様と私」で、ミュージカル部門主演男優賞にノミネートされていた渡辺謙は残念ながら受賞を逃した。
日本人俳優として、初の快挙はならなかった。
同賞は「ファン・ホーム」のマイケル・セルヴェリスが受賞した。
「王様と私」はミュージカル部門リバイバル作品賞、ミュージカル部門主演女優賞、ミュージカル部門助演女優賞、ミュージカル衣装デザイン賞の見事4冠に輝いた。
日本人のトニー賞ノミネートは、2012年の衣裳デザイン賞の石岡瑛子さん以来3年ぶりとなった。
俳優としては、1976年「太平洋序曲」の助演男優賞の佐藤功以来39年ぶりのこと。
日本人の受賞歴としては、2013年に川名康浩さんがプロデューサーの1人として参加した、「キンキーブーツ」がミュージカル部門の作品賞を獲得したことがある。
ブロードウェーミュージカルの「王様と私」は全米芸術の聖地とも言われる、リンカーンセンターのビビアンビューモント劇場で上演されている大型作品である。主演の渡辺謙はタイの王様役を熱演している。

Categories
Bookmarks